スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

月滅剣第15話

第15話
ジャック登場

俺は何をやってるんだろ
気が付けば森の中
迷いに迷っていた
食料どころか水さえもなく、生きる気力さえもがれていた
御剣『村が・・・!!』
そこは人気がない廃村だった
御剣『誰もいない・・・しかも、誰かに襲われた後みたいだ・・・
そうか!!さっきの雑兵は!!』
御剣の予想通りさっきの雑兵はここから引き抜かれた村人だった
しかも、子供、老人例外なくすべての村人が無理やり兵にさせられたのである
御剣『・・・俺は、もう後戻りできない』
御剣は呪われた血の宿命に従う覚悟ができつつある
修羅道も覚悟の上だと・・・
御剣『!!誰かいるのか』
人影を見た御剣はとっさにそうさけんだ
子供『・・・』
御剣『君は・・・ここの生き残りは』
子供『・・・』
御剣『言葉が話せないのか』
子供『可愛そう・・・』
御剣『なに・・・』
子供『宿命には勝てないのに・・・』
御剣『何を言ってるんだ』
子供『天と戦うなんて馬鹿げてる・・・』
御剣『天と戦う・・・』
子供『今は・・・時が満ちないか』
そうすると二人のそばの建物が崩れ落ちた
御剣『危ない!!』
子供『・・・』
子供と俺は建物の下敷きになった
建物の下敷きになって俺は瓦礫で前が見えなくなったが
確かに前に小さな手があった
その手に手を伸ばす。目の前にある手。
しかし、瓦礫はとたんにつぶれ、俺は子供を助けられなかった
御剣『子供には似合わないくらい立派な墓だな』
これで俺を許してくれとはいわない
せめて・・・安らかに

先の戦いで、月滅剣を使ったわけだが、戦いが終わると
どこかに消えてしまっていた。正しく言うと
無意識に月滅剣を空に掲げるとそのまま天に返ってしまうのだ
一体どんな仕組みなんだ?
俺は相変わらず森の中を彷徨っていた
腹は限界まで減り、喉はからからだ。
こんな時に限って変な奴に会う
ジャック『おっと、ちょっとそこの奴!!』
御剣『・・・』
ジャック『この森の中で俺様に挨拶もなしかい?』
御剣『は・・?』
ジャック『俺の格好見てわからない?まぁ追いはぎにしてはちょっとセンスが
ありすぎるかなーと思ってはいたがこれほどとは・・・』
御剣『追いはぎか・・・やめておきな。俺にかかわってもろくなことがないぞ』
ジャック『なーに言ってやがる。俺をなめるなよ!!』
そうするとジャックはナイフをとりだした
脅しているつもりか?
御剣(向こうが脅すのなら、こっちは・・・)
御剣は呪術を使う
御剣『俺が三つ数えると、お前の目が見えなくなる・・・』
ジャック『ん?なーにいってやがる!!』
御剣『一つ・・・二つ・・・三つ・・・』
そういって御剣は手をたたく。
ジャック『目がー目がみえねぇ・・・たたたたた助けてくれ!!目がみえねぇんだ』
御剣『お前の目は見えるものは見えなくなり見えないものは見えるようになる
これがヒントだ。』
ジャック『なにいってるんだ!!たたたたすけてくれよぅー』
御剣『目を閉じてみな』
ジャック『見える!!やったぞーって元に戻してくれよぅ』
御剣『しかたねぇな・・・』
御剣は手をたたく
ジャック『てめぇ・・・妙な技で舐めたマネをもう怒ったぞ』
御剣『木が』
木が御剣に襲い掛かる木というより、森全体がである
ジャック『どうだ!!これが俺様の実力だ!!』
御剣(これはやっかいだぞ・・・月滅剣をよぶか・・・)
御剣『マリス!!』
そうすると月滅剣が現れる。
御剣『月滅翔!!』
御剣『斬っても斬っても襲ってくる木が無限にある森は奴のフィールドだな』
御剣『切るのが駄目なら・・・燃やせばいい・・・炎よ!!』
ジャック『なに?うわぁぁあああ!!』
ジャックは御剣の魔法の前に瀕死状態である。
ジャック『くっ・・・』
ジャック『あれ?』
その時、御剣の気まぐれだろうか・・・ジャックは御剣の魔法で助けられた

第15話終わり
スポンサーサイト

THEME : 自作小説(ファンタジー)
GENRE : 小説・文学

 
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。ずいぶん前からこの小説を見ていましたが、どうしても言わなくてはならないことがあるので言わせていただきます。
あなたの書き方は「変な脚本」です。ブログのサブタイトルにある「小説」は少なくとも消したほうがいいでしょう。
名前「しゃべっている言葉」
という形式は脚本とか台本とかです。決して小説ではないです。
THEME : 自作小説(ファンタジー)
GENRE : 小説・文学
これも非常におかしい。

あと文法がデタラメすぎます。文中に以下のような文章がありましたが
『木が御剣に襲い掛かる木というより、森全体がである』
これは分の区切りを忘れたのでしょうか?
意味を明確にするなら『木が御剣に襲い掛かる木というより、森全体がである』となるべきです。句点を入れましょう。

さらに上記のような句点のミスだけではなく読点(、のこと)も入れてないので文章構成がおかしくなっています。書いてるあなたは意味が分るかもしれませんが、読んでるほうにとっては支離滅裂です。

次に場面の移り変わりもおかしい。
時間軸の問題もあるがそれはおいといて、瓦礫が崩れたのはわかりますがお墓?の描写がされていない。さっきも言いましたがあなたには分っていても、読者には伝わりません。あなたの中にある風景をしっかり描写しないと読者はいったい今どこで何をしているのかが解らなくなってしまい、自分自身を投影する事ができません。

ジャック『なに?うわぁぁあああ!!』
ジャックは御剣の魔法の前に瀕死状態である。
ジャック『くっ・・・』
ジャック『あれ?』
ここの描写が一番問題があります。ほんとは全体的におかしい気もするんですが・・・


確かこのブログの管理人さんは以前某小説投稿サイトでこの小説の過去編を投稿されてましたよね?あの時サイトの住人の方々が言ってくれた言葉を思い出してください。

正直最初読んでるときは、ネタだと思ってました。もしこれをお書きになってる管理人さんがまだ小学生ほどのお子さんであるなら将来は有望です。ぜひしっかりと小説の書き方を勉強なさってください。きっといい小説家になれると思います。
もしこの小説を書いてるのが中学生以上ならあなたは国語を蔑ろにしすぎです。さらには高校では現国などもあったはずです。もうその年齢では取り返しがつかないと思いますが、ぜひ今一度文法や作文の書き方、様々な小説を読むことをお勧めします。

最後に一つ。なぜ過去編から12話へ?
不思議です。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。